イタリアの隠れスポット「ボローニャ」観光スポットとグルメスポットを教えます

北イタリアに位置する街「ボローニャ(Bologna)」に行ってきました!

バルセロナからとても安いフライトを見つけてやってきたのですが、正直都市名を聞いただけでもピンとこない街だったのでそこまで期待はしていませんでした…。ですが!本当に来てよかったです!

この感動をお伝えすべく、今回記事にしたので、もしこれからボローニャに行く人、イタリアに行く人は参考にしてみてください。

「ボローニャ」ってどんな街?

イタリア北部にあるエミリア=ロマーニャ州の州都が「ボローニャ」です。

名前から予想できた人もいるかもしれませんが、なんと「ボロネーゼ」の発祥の街。とてもコンパクトな街で、マッジョーレ広場やボローニャの斜塔など、保存状態の良い中世の面影を残す建物を見ることができます。

また、ヨーロッパ最古の大学「ボローニャ大学」が創立されたことでも知られ、学生の街としても発展しています。

ボローニャの観光スポット Things to do in Bologna

マッジョーレ広場(Piazza Maggiore)

ボローニャ市中心にある広場です。この広場には、ネプチューンの噴水やサン・ペトローニオ教会があります。メインストリートから近く、地元の人たちの憩いの場であり、ショッピング目的やちょっとした食事で立ち寄れるスポットです。

サン・ペトローニオ聖堂(Basilica of San Petronio)

先ほどのマッジョーレ広場に立つ、見た目が特徴的な聖堂です。上部分は煉瓦造りで、下部分はピンク色の大理石でできています。これは、14世紀から17世紀の間に作られた時、資金不足で未完成のまま終わってしまったからだそうです。そんな変わった見た目の聖堂ですが、イタリア国内でも最大級と言われる大きさの聖堂です。

ボローニャの斜塔(Asinelli Tower)

ボローニャの斜塔である「アシネッリの塔」は、マッジョーレ広場から5分ほど東側に歩いたところにあります。ボローニャで一番高い塔で、頂上に登ってボローニャの街を眺めることができる絶好のスポットです。

頂上までは498の段がある階段を登って上がります。中世にできた塔ということもあり、階段は古く狭いため、狭いところが苦手な人は気をつけたほうがいいかもしれません。現在残る塔は、長い塔(アジネッリの塔)と短い塔(ガリゼンダの塔)の2つしかありませんが、かつては100本ほどの塔が乱立していたそうです。

頂上からの眺めで、中世の古さが残るレンガ造りの美しい街並みを堪能できます。

旧ボローニャ大学

ボローニャ大学は、ヨーロッパ最古の総合大学として有名です。歴史上の著名な人物ペトラルカやダンテ、ガリレオ・ガリレイもここで学んだと言われます。現在は旧ボローニャ大学と呼ばれ、世界初の人体解剖が行われた教室を見学できます。この写真は、大学内の図書館です。どの本も古く、その歴史を感じ取れます。こんな場所で勉強ができる学生たちが羨ましい!

サン ・ルカ教会(Sanctuary of the Madonna di San Luca)

ボローニャ中心地での観光を終えてしまったけど、まだ時間がある!と言う人にお勧めなのが、この丘の上にある教会です。600以上の長いアーケードがある階段と坂道を上り、頂上まで登ります。頂上の教会までは約4kmあり、頂上からは雪が残る連なる大きな山たちを眺めることもできます。この教会は1674年〜1793年の間に建てられた、歴史ある建物です。世界中の人が訪れるこの場所は、教会の入り口でどの国出身か聞かれます。日本人も予想以上に来ているみたいで、驚いたのを覚えています。

ボローニャで食べる What to eat in Bologna

私がボローニャで食べて感動したお勧めグルメスポットを紹介します!

朝食やカフェならここ!Fabrik in Righi

美味しいコーヒーを飲めるだけでなく、自分でトッピングが決められるカスタマイズできるサンドイッチが美味しい。美味しすぎて旅行中にリピートして訪れた場所です。

ボロネーゼ食べるならここ!Osteria dell’Orsa

行列ができるので、できればピーク時を避けて訪れてみてください。メニューの食事はどれを食べても美味しいこと間違いなし。デザートのティラミスも未だに忘れられない美味しさでした。

ジェラートを食べるならここ!La Sorbetteria Castiglione

イタリアといえばジェラート!これまでスペインでもジェラート食べたりしていましたが、ここのジェラートはこれまで食べた中で一番美味しかったです。フレーバーもたくさんあるので、選ぶのに困ってしまいますが、何度もテイスティングさせてくれて店員さんもとても親切です。

いかがでしたか?イタリアといえば、有名な都市に行かれる人も多いと思いますが、それぞれの都市にそれぞれの魅力があることに気づかされました。もっとイタリアの田舎町も機会があれば訪れてみたいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です