フリーランス・在宅勤務に欠かせないモノ【健康編】

まだまだ先の見えないコロナ禍での生活。

テレワーク・リモートワークが一般に定着するようになってから早くも一年が経過しました。今回は、前回の「フリーランス・在宅勤務に欠かせないモノ【お仕事編】」に続きまして、【健康編】をお届けします。

「お家で働けるようになったのは良いけど、最近家にずっといすぎて身体がなまってきてる」

「私も家にいる時はずっと椅子に座りっぱなしで最近腰の調子が悪い…」

ユウスケ
ユウスケ

なるほど、テレワークあるあるの悩みですね…

今回の【健康編】では、お家でお仕事をされている方に特におすすめしたい、長期化した在宅勤務で生じる健康の悩みを改善してくれるアイテムをご紹介します。

在宅勤務歴5年目の私が満を持しておすすめさせていただきます。

フリーランス・在宅勤務の健康の悩みを改善してくれるモノ

マットレス

まずは、マットレスです。
いきなり寝具かよって思われた方、まあまあ落ち着いて聞いてください(笑)


そもそもですが、皆さんは人間は人生の3分の1を睡眠に費やすということをご存知ですか?
そんなに寝ているの?と思った方もいれば、それくらい知っているよと思われた方もいるでしょう。
でも、そんな人生の多くの時間を占める睡眠に対して今まで何か積極的に取り組んでこられたことはありますか。
例えば、睡眠環境を整えたり、寝具を見直してみたりとか。

意外とやられている方は少ないのではないでしょうか。
おそらくですが、実際のところほとんどの方は布団で寝てもベッドで寝てもどれで寝てもたいして変わらないと思われているのではないでしょうか?

ユウスケ
ユウスケ

過去の私がまさにそういうタイプでした(汗)

というのも、もともと私は何で寝てもすぐに寝れるタイプでしたし、寝付きもそんなに悪くなかったからです。

ただ、フリーランスとして在宅勤務を始めて以来、長時間の椅子の座りっぱなしブルーライトを多く浴びる生活を続けていくうちに、徐々に身体に違和感を感じるようになり夜もなかなか寝付けなくなってしまったのです。

はじめのうちは、環境が変わったストレスなのだろうと思って安易に考えていたのですが、さすがに朝起きて腰に激痛がはしったときには、「このままじゃ本当にまずい…ちゃんと生活環境を整えよう」と思うようになりました。
仕事環境については前回の「フリーランス・在宅勤務に欠かせないモノ【お仕事編】」でご説明した通りでかなり改善されたのですが、睡眠環境についてはほとんど改善がなされていませんでした。

偶然、取引先のお客さまが寝具会社だったということもあり、現状を相談したところ割安でマットレスを購入させてもらうことができました。それが今現在も使用している「コアラマットレス」です。

これが私の人生ではじめてのマットレスであり、生まれて初めて睡眠と真剣に向き合った瞬間でした。

コアラマットレスとは
オーストラリアの会社で、2015年に創業されて以来、瞬く間に注目を集めオーストラリアの寝具業界で最高評価を獲得した寝具会社です。ここ日本でも2017年に正式にローンチされ、最近ではSNSやテレビCM、インフルエンサーの間でも何かと話題を読んでいる、今注目のD2C企業です。

このコアラマットレスですが、睡眠の質を上げてくれる色々な特徴があるので簡単に説明させていただきます。(より詳しい詳細はこちらの記事にまとめています。)

  1. シンプルな3層構造で絶妙なバランスで寝姿勢をサポート
  2. ゾーニング製法によりどの姿勢で寝ていても身体をしっかり支えてくれる
  3. 独自開発のクラウドセルレイヤーで通気性が良く夏でも快適
  4. ゼロ・ディスターバンス技術により衝撃を吸収し隣の人の寝返りが気にならない
  5. 120日間の無料お試し期間つき(初めてマットレスを買う人にとってはココは非常に嬉しいですよね)

正直なところ、はじめは割引してもらったとはいえ、けっこう高額なマットレスだったため、購入を躊躇っていたのですが、朝起きた時の腰の痛みを少しでも早く改善したかったので思い切って購入してみました。

最初の印象としては、表面がモチモチとしていて身体全体が優しく包み込まれるような感触でした。そして、ここが一番嬉しかったところなのですが、実際に寝てみるとなんとまるで嘘のように腰痛がなくなったんです。しかも朝の目覚めも驚くほどスッキリとしていて心地いいんです。(←これ本当なんです!嘘だと思う方は無料の120日のお試し期間もあるので是非一度試してみてください。)

私のように在宅ワークで長時間椅子に座って作業をしている方、腰痛に悩んでいる方、寝具の見直しを考えている方、どなたに対してでも自信を持っておすすめできるマットレスです。

唯一残念だなと思ったところとしては、開封後は圧縮前の状態に戻せないので、お部屋にそれなりにスペースがないと少し窮屈に感じるかもしれません。

サイズについてひとこと言いましたが、もちろんほとんどの方がお部屋の寸法を測ってから買うと思うので、サイズ感についてはそんなに心配することはないと思います(笑)それに120日間のお試し期間があるので、仮に家に入らなかったら返品すればいいだけの話なので、心配はご無用ですね!

※なんと嬉しいことに今ならアマゾン限定の20%OFFクーポンも発行しているみたいのなので、よりお得に購入したい方は今が大チャンスです。(この記事を読まれるタイミングによってはこちらのクーポンは終了している可能性がありますので、その際はご了承ください。)

ヨガマットとダンベル

続いては、ヨガマットとダンベルです。

え??ヨガマットとダンベルってセットなの?

ユウスケ
ユウスケ

はい、私は極力両方とも揃えることをおすすめします。

私事ですが、実を言うとコロナが始まる以前がジムに毎日通うほど筋トレにはまっていたんです。

なのでフリーランスになってからも運動不足ということは殆どなかったのですが、コロナがより深刻になった昨年の上旬ごろに、通っていたジムが突然閉店してしまって、それ以来まったく運動をしなくなってしまったんです。

ユウスケ
ユウスケ

ちょっと極端ですよね?(笑)でもそれぐらいジムの存在は大きかったです。

もちろん他のジムに再登録すれば済む話なのですが、この状況の中で密な環境で運動することにどことなく抵抗があり、結局ジム通いはやめてしまいました。

身体に変化が出始めたのは、ジムをやめてから一ヶ月くらい経ってからのことでした。以前よりも肩こりが増えて腰からお腹にかけて筋肉が目でわかるように減っていったのです。また以前よりも屈んだ時に腰が重い感覚もありました。

これはやはりジム通いをやめたからだな…と気づいた翌日には、お家トレーニングを始めるためにアマゾンでヨガマットとダンベルを購入していました。このあと何回かいろんなタイプに買い直しをしてはいるのですが、結果としてこちらのセットに落ち着きました。サイズ感や品質、耐久性をトータルで考慮してベストセットだと思っています。

これは念押しで在宅勤務の方にお伝えしたいことなのですが、家で仕事をしている方は、普通に外で働いている方と比べて確実に体力が衰えていきます。座りっぱなしによる足腰の筋力の衰えからはじまり、首や肩のコリも増えていきます。これは年齢が若いから大丈夫というだけの話ではないのです。運動不足からくる慢性的な身体のコリは生活の質をも下げていきます。

コロナ禍で体力の衰えを認識している方が圧倒的に増えているというのは、ニュースや新聞の記事でも明白です。この状況を改善するためにもやはりお家トレーニングは欠かせないのです。

といっても負荷のきついトレーニングをお家でしないといけないのかというとそうではなく、身体全体の筋肉をほぐすくらいの感覚で軽度のトレーニングを継続的に行なっていくことが大事です。

考えてみたら、お家トレーニングはコロナ禍にもっとも適した健康対策だと言えます。

密なジムに通う必要もなく、おしゃれなスポーツウェアを揃える必要もありません。気軽にお家でサクッとはじめられるだけでなく、運動不足を改善することもできちゃうんです。しかも、ありがたいことにYouTubeに多くのフィットレスチャンネルがあり、そのどれもが非常に質の高い内容となっておりしかも無料で見れるんです。自分だけの落ち着く環境でトレーニングができるなんて、最高だと思いませんか!

在宅ワークで身体を動かしていない方、コロナ禍で最近運動不足な方、これを機にダイエットに励みたい方、運動は健康を維持するために欠かせません。

是非まずはヨガマットとダンベルを揃えるところから始めてみてはいかがでしょうか?

Apple Watch

apple watch

そして、最後にご紹介したいアイテムは、Apple Watchです。

Apple Watchって正直何ができるのかよくわからないのよね。

私は電車で毎日通勤するからスイカを連携させて使ってるよ。

ユウスケ
ユウスケ

人によって使い方はまちまちのようですが、決済がよりスムーズになったという声はよく聞きますよね。

Apple Watchって一般的には時間の確認や経路の確認、スイカやPASMOなどの交通系などで利用されている方がほとんどだと思われますが、ご自身の健康状態を記録するのにも最適なデバイスなんです。

実際にどれくらい毎日きちんと眠れているのか、睡眠の質は良いか悪いか、また1日の運動量や歩数の記録まで、事細かく記録してくれます。自分のその時々の健康状態を知れるのは意外と嬉しいし安心にもつながりますよね。

私ももちろん上記の機能は使っていてとても便利だなと思うのですが、このApple Watchの数多くある機能の中でも、とくに「スタンド通知機能」「呼吸機能」が気に入っています。

私は基本的に家でずっと椅子に座って仕事をしているので、1日のうちに立っている時間がほとんどなく、その影響か足腰の筋力が落ちていることを実感していました。この「スタンド通知機能」はずっと座っていると、定期的にApple Watchがブルっと振動して「スタンドの時間です!」と立つことを促してくれるんです。とてもさりげない機能ではありますが、この機能のお陰で以前よりも意識的に家の中でも立って生活するようになりました。

また「呼吸機能」は上のスタンド機能と似ているのですが、意識的に呼吸することを促してくれる機能です。

ついつい集中して仕事をしていると、姿勢がどんどん前屈みになって呼吸が浅くなってしまったり、時には煮詰まって呼吸が早くなってしまったりすることがあると思います。そんな時に、この機能が呼吸を一定に保てるように通知で促してくれるんです。しかも、この呼吸を促してくれる時のApple Watchの振動がなんとも言えなく心地いいんです!「吸って」と表示が出るとアイコンが少しずつ大きくなり、大きくなるにつれてブルブルと振動が連動する感じ。(←すごい感覚的なのでちょっと伝わりづらいですね(笑))でもこの機能のお陰で今まで以上に意識的に呼吸をするようになりました。

もちろん、使っていて良い点がたくさんあるApple Watchですが、一般的に電池残量が気になるという声を多く聞きます。個人的には外出先でバッテリーが切れた経験は一度もないのですが、仮に切れそうになったとしてもいつも持ち歩いているスマホ兼Apple Watch用のモバイルバッテリーがあるので、それで簡単に充電することができます。とても小さく軽くて持ち運びに便利なので気に入ってます。

基本的に家で充電するときは、夜お風呂に入っているときと朝シャワーを浴びているときくらいで、それ以外では常につけて生活しています。私が家で使っている充電器はiPhoneと一緒に充電できるステーションタイプのもので、置くだけでワイヤレス充電をしてくれます。かなりコンパクトで色もシンプルでミニマルなデザインなのでこちらも結構気に入ってます。

Apple Watchがあるお陰で、自分の健康に関するさまざまな数値が記録として残るので、今まで以上に健康管理に対するモチベーションが上がりました。常日頃の自分の健康状態を記録しておくことで、突然身体に異常が出た時にも初期の段階で気づくことができると思うので、今の自分の健康状態を把握するという点でもApple Watchは非常におすすめです。

まとめ

昨年より全世界で蔓延しているコロナウィルスをきっかけに様々な人が、ご自身の健康と向き合うようになったと思います。それと同時に数多くの健康関連のプロダクトが生まれ、その数の多さにどれが自分に合っているのか選択肢の多さに戸惑ったこともあるかと思います。

今回は、在宅勤務歴5年目の私の実体験に基づいて、フリーランス・在宅勤務に欠かせないモノ【健康編】についてモノがたってみました。少しでも読者の皆様の健康改善にお役立ちできれば嬉しい限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です